« 雨の日のアフター | トップページ | 授業参観中の散歩 »

自庭アカンサスとグルーイアとか

050612akannsasuuirennboku下から咲き始めた1本立ちのアカンサス、花の上昇にともない穂ものびて先日わたくしを越えて6尺に届きました。きょう背比べした感じでは2メートルは越えてきそう。
スイレンボクはこのあたりでは半落葉な感じで、うえてからの5年間だいたい冬の終わりにボロボロの葉っぱが落ちきるのですが、今年は新芽が吹くまでかなりの古葉が残りました。
これまでシュートシュートで立ち上がろうとしてましたが去年あたりから少し落ち着きが見られます。この夏は少し花数が期待できるかも。

050612niwasigotoムスメの日曜参観に行く前の小1時間ほどの庭仕事。
先日来おとしっぱなしのシラカシの剪定枝をハサミで切り刻みながらあちこちに還元。病気と虫のコワイ繊細な庭のひとにはできない園芸作業です。たぶんバラなんかを植えた日にはこんなことしては自殺行為。
芝土のところにサザンカ・エリナとかを適当に植え付け、ニシキシダはちょっと根が巻いてるのを強引に3つに分割してみましたが枯れたりして^^; あとは梅雨入り2日目とゆー季節ガラ、撒水栓ボックスの水抜き穴のお手入れなどして小学校へ出発の時間となりました。

|

« 雨の日のアフター | トップページ | 授業参観中の散歩 »

コメント

すごい背高のっぽのアカンサスですね。
なんと、よーさんより背が高いの~?

スイレンボクは、今年はたくさん咲くといいですね。
ほんとにスイレンみたいでかわいい花です。

ところで、「今年は少し花数が期待できるかも」で思い出したのですが、我が家の5年目くらいになるジャカランタの木、いつになったら花が見られるのでしょう。
ジャカランタは木が充実しなければ花が咲かないと言いますよね。
剪定や摘芯も上手にやらなければ、やはり花芽が付かないのでしょうね。
小さい黒ポット苗でいただいたものですが、今では身長を超え、大鉢で育てていましたが、今年はついに地植えにしてみました(玄関横の細いあれです。)

でも今まで一度も剪定も摘芯もしたことがなく、ひたすらの一本立ちです。
ネットで育て方サイトを探して読んだりしていますが、いつどこで切ったらいいのやらと切るのも怖く、眺めるばかりです。
よーさんは、ジャカランタ、どこかに植えたご経験ありますか?
また、どこか一般家庭で咲いてるジャカランタ、ご覧になったことありますか?
ネットでは、日本でもいろんなところで咲いてるようですが、この辺ではあまり見かけないですよね。

投稿: みー | 2005年6月13日 (月曜日) 00時45分

スイレンボクもあんまり寒いと小枝が枯れ込むけど、
ジャカランダも耐寒性はそんなないですよね。
でもみーさんちなら大丈夫ご近所ではゴムの木とかブーゲンビレアでも露地で越冬してますでしょう?^^)

ジャカランダの花、じつはわたくしも現物みてないです。植えたことはないですがお客さんが植えたものが折れたのを切ったことはあります^^;

花を見るためのこつは、じっと待つこと、に尽きるみたいなので、じっと待ってください。^^)
鉢から地面におろして最初の年なら、なにもせずに経過観察でよいと思います。
剪定は風が吹いたときに枝折れとかこけたりとかが心配、な状況になってからでもよいと思うし、この辺でひろがってほしいとゆートコの下で芯を止めるのもよいと思います。

投稿: よ | 2005年6月13日 (月曜日) 05時26分

な~るほど!
ジャカランダ(タでなくダでしたね^^;)の件、わかりました。
ジャカランダは、ぽんさんち辺りでは戸外での越冬は絶対無理とのことで、部屋の中に取り込んでいるようですが、わたしの家では外で大丈夫です。
(もちろん、葉っぱは全部落葉しますが・・・。)

いつになったら咲くのか咲かないのか、わかりませんが、園芸店(陽春園やあいあいパーク)には、小さい木でも剪定を上手にするのか、裏技でもあるに違いないですが、開花株が先日もたくさん出ていました。
やっぱ、プロのすることは違うなと感心したものですが、我が家はテクニックなしの自然任せ・・・。
来年当たり、そろそろ一房でも咲いてくれないかなと期待しているのですが・・・。

でもジャカランダは葉っぱも好きです。
なにしろ観葉植物で売ってるくらいですからね。
というくらい、花はなかなか咲かないのでしょう(^^;)

投稿: みー | 2005年6月14日 (火曜日) 00時58分

横浜のアレックスさんちのジャカランダもかなりおおきくなってるけどまだ葉ものみたいだし^^;
(参照url
http://blog.livedoor.jp/alexgarden/

http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/7739/chapter3.html
とそこからリンクしてる
http://homepage2.nifty.com/k-ko/grafton_festa.htm
とか)

アレさんはジャカランダを暖地では街路樹とかでも有望とおっしゃってて、それはアリかもとわたくしも思います。

花付きの鉢苗がたくさん流通するようになっているのですね。わたくしその辺のことは知りませんでした。そのうちそれらがたくさん地植えされておっきくなってきたら、いろいろはっきりしてくるとおもいます。実験台(みーさんも^^;)はたくさんあった方がいいですね。
いまのミモザくらいのポジションくらいにはいけるかも。

投稿: よ | 2005年6月16日 (木曜日) 07時56分

アレックスさんの参照urlありがとうございます。
アレックスさんのサイトはモウ様回りでよく見せていただいていました。
各園芸雑誌でも大変なご活躍ですよね。
アレックスさんのジャカランダも確か今年は9年目くらいになると思いますが、開花はまだなのですね。
やれやれ・・・(T▽T;)

ジャカランダが今のミモザくらいのポジションまでになったらすごいですね。
中山では、山にミモザが自生していて巨木になり、開花の頃には山が黄色で覆われるくらい見事なのですよ。
あんなにジャカランダが咲いたら、とてもとても素敵ですね。

話に聞くとジャカランダは、浜名湖花博でも植えられているとのことですが、大阪鶴見緑地の花博でお目見えしてから知られるようになったそうです。
その時に植えられていた巨木を川西の北の方の人が大金で買って植えたと聞きました。
その木のそばを通っていつもPさんちとか行っていましたが、その後寒いとのことで木を覆う巨大な温室までこしらえていました。
でも結局枯れてしまったらしく、一度も花を見ることなく木は抜かれて建売住宅が建ってしまいました。

大阪花博からだと15年くらいにはなるのに、チマタや家庭で咲いているジャカランダを見ないのはまだまだ普及していないのですねぇ。

一般家庭でたわわに咲くくらいになったら・・・と夢に見て苗を育てているわけですが・・・。
我が家の細い木ではなかなかですね。
アレックスさんがご覧になった外国の街路樹をいつか見てみたいものです。
ほんとうに素敵らしいですね。

投稿: みー | 2005年6月16日 (木曜日) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84950/4520727

この記事へのトラックバック一覧です: 自庭アカンサスとグルーイアとか:

« 雨の日のアフター | トップページ | 授業参観中の散歩 »