« レンガ池4 | トップページ | ルーフバルコニーとユカタ »

小便小僧とカイズカイブキ

050805shoubennkozouDaizaあさ、小便小僧にいったんどいていただき、パイプをほじくりかえした穴にモルタルを置き、ふたたびその上に鎮座していただきました。きのうの晩庭主と電話で話したところ、盗難が怖いのでボルト埋め殺しのほうがよい、ということで、こんど遷座のおりには1段レンガを壊していただくことになります。

池の水はあさ5センチほど足したとゆーことで、これで落ち着くのかどうか。

050805kaizuka10時から3日目の剪定現場へ。

カイズカのたくさんあるお宅で、おもて庭のほうは、この何年かで刈り込みじゃなく枝を抜いているのですが、裏庭はずーっとトリマーで刈り込みつづけてます。時間の都合と隣地の目隠しとゆー理由でしたが、今年は時間がなくもないし、枝を抜いてもちょっとこゆめに残せば十分目隠しになるだろう、とゆーことで透かしてみました。
場所的にくそ丁寧なしごとはしてません、小さな写真ではアラはみえませんけど。
それでもアタマの方は枝がどうこんぐらかっているのかな鳥の巣ですし、キョーレツに暑いしで、夕方まで2本でいっぱいいっぱい。

帰りに池を見に行きましたら、昼の間に2センチほど水位が下がってます。
これくらいなら、ものとしては巨大な素焼き鉢を水につけたようなものなので、どんどん毛細管現象で上のレンガから蒸散しているとゆー可能性もあるかも。とりあえずふちのレンガにさわるとひやーとしてます。

|

« レンガ池4 | トップページ | ルーフバルコニーとユカタ »

コメント

カイヅカイブキの生け垣、昨日月イチ庭師先の5本をがっつり剪定してきました。
以前よーさんにご相談したときには、目隠し優先にして内側だけ軽い枝透かしで済ませていたものの、塀を作り直すことになったので思いきり切ってくれという話で、地下足袋持参で行ってきました。
この写真のような玉づくりではないのでシロートでもなんとかなりましたが、ほぼ10年放置状態で、刈り取った枝葉は10リットルのゴミ袋5個以上になりました。私の身長があと30cm高ければどれほど作業が捗っただろうかと何度も思いました。
ものすごく暑くて疲れたけど、作業のあとの生ビールがおいしかったのなんの。

投稿: メルモ | 2005年8月 8日 (月曜日) 23時36分

それはビールおいしかったでしょー。
6尺ジャストの身長は、あってよかったと思うこともおおいいのですが、このカイズカ(やっぱりカタカナでもカイヅカが正解かしら。いまちょっと悩んでます^^;)みたいな木の枝と枝のあいだにはまり込んでると、手足が邪魔でもっと小柄ならよかったのに、って思うこともよくありますです。

投稿: よ | 2005年8月 9日 (火曜日) 05時39分

> 木の枝と枝のあいだにはまり込んでると、手足が邪魔でもっと小柄ならよかったのに、って思うこともよくありますです。

あははは、そうでしょうね。
私は狭くて低いところが得意です。

投稿: メルモ@カイヅカ派 | 2005年8月10日 (水曜日) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84950/5331012

この記事へのトラックバック一覧です: 小便小僧とカイズカイブキ:

« レンガ池4 | トップページ | ルーフバルコニーとユカタ »