« 真夏を過ぎつつある自庭 | トップページ | ショピングセンターの植栽 »

水茄子

050814bu-gennbireaブーゲンビレアの咲く生家へ、1日帰りました。

南の島ではなく、大阪湾の反対側の海岸ちかく、近年沖を埋め立てて飛行機の停留所ができたあたりです。

050814mizunasuAsaduke帰りますととりあえず水茄子の浅漬けです。
ほとんど果物みたいです。こどものころは浅漬けから深漬けまで、さらには古漬けを塩抜きしてジャコダシで炊いたジャコゴウコとゆーあやしい食べ物まで、さまざまなバリエーションで出てきましたが、はっきり嫌いでした。
いまでは浅漬けはとてもおいしいと思うようになりました。

050814mizunasuHatake最近自宅消費分はコウバのウラのコンクリ土間に土盛りしたハタケでつくってるみたいです。

050814mizunasuSeiikuまだ花もあるのでしばらく収穫できるようです。

050814mizunasuPuroいちおう近くのまともな売り物をつくっているプロの畑もごらんください。

さすがに傷のないうつくしい実がついてます。
最近は都会までもってゆけばそれなりに高級野菜あつかいされるみたいです。

|

« 真夏を過ぎつつある自庭 | トップページ | ショピングセンターの植栽 »

コメント

水茄子、ほんとうにおいしいですよね。
わたしは遅ればせながら、最近になって自分で水茄子をヌカヅケするようになって、初めて水茄子のおいしさに気が付きました。
普通の茄子を漬けたのと明らかに違うと思います。
糠床を20日間の留守の間にダメにしたので、また挑戦したいと思っていますが。

よーさんのご実家、その水茄子を家庭菜園されているとはうらやましいです。
浅漬けおいしそうですね~♪
これって、もしかして手で裂いているんですか?
どうやって切るのがいいのかなぁと思っていましたが、なるほど焼き茄子も手で裂きますもんね。
ジャコゴウコってどんな味かな~?
食べてみたいもんです(^^;)

投稿: みー | 2005年8月16日 (火曜日) 11時54分

みーさん。じゃこごうこはですねー。ある意味保存食なので、あさづけのない冬のたべものです。母はつくりませんが祖母が生きていた頃はつくってました。レシピはわかっているので正月にでもつくってくれるそうですが、やっぱり、ナスは浅漬け、エビじゃこはそうめんつゆとして食べたほうがいいですね^^;
じゃこごうこ、で検索してみますと例えば
http://www.e-syufu.com/index.html
とか地元主婦のサイトがひっかかってきます。
水茄子1個300えん、ひょえーと地元民は思いますが、足がはやいし仕方ないかな。

投稿: よ | 2005年8月16日 (火曜日) 20時45分

じゃこごうこって、れっきとした郷土料理なんですね。
じゃこって普通のだしじゃこのじゃこかと思いました。
えびとは知りませんでした。

水茄子、びっくりのお値段ですね。
わたしは市場とかで買うから、そんなに高くないじょ~(^^;)

投稿: みー | 2005年8月16日 (火曜日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84950/5486660

この記事へのトラックバック一覧です: 水茄子:

« 真夏を過ぎつつある自庭 | トップページ | ショピングセンターの植栽 »