« 悲惨 | トップページ | 枯れるときは枯れる »

菜の花のドカン

051110dokann司馬遼太郎記念館に初めていったのは去年のこと。
たまたま徒歩圏で工事があったので2度ほど。そして今年のはじめに、さらに近い、ほぼ見えてる距離で工事したので再訪。すべて昼休みの30分ほど。
別に展示物として何があるとゆーわけではないのですが、今日は去年工事したお宅の手入れだったので、ちょっといってみますと、書斎の窓の外の土管に「菜の花育成中」のフダが挿してあります。

051110ri-fuややブスイな気がしていた土管も、帰ってリーフを読んで司馬遼太郎が眺めたものであると知ると、なんか味があるように見えてくるから不思議なものです^^;

051110nanohanaさらに奥の中庭にも菜の花プランタがずらっとならんでいて、おっちゃんに、どこに置く用に育ててるの?と聞いたら、館内に置くためのものだそうで、1がつの20日くらいからポツポツ咲くとか。
行ってみたいけどまだ行ったことのないヒトにはそのへんの時期がおすすめかも。菜の花忌のころでもありますね。

|

« 悲惨 | トップページ | 枯れるときは枯れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84950/7040309

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花のドカン:

« 悲惨 | トップページ | 枯れるときは枯れる »