« 袖垣とか | トップページ | シラカシの生垣とか »

高宮廃寺

051214ttakamiyaHayasiきょうは数年前第2京阪の用地に引っかかってこっからそこまで引っ越したときに移植と造園工事をしたおたくに来ました。
普通に住宅地なのですがすぐ南に家と家の隙間があってそのさきになにやら林がありまして、来るたびに散歩します。

051214takamiyaIsiいまはちいさな神社があるだけですが、ずいぶん大きな寺があったらしいです。
白鳳時代とゆーからずいぶん古い話です。
とても立派な「手水鉢」がすわってますが、柱あとなのかもしれません。

051214thachikburi1この市の旧跡では鉢をかぶった女の人が由緒を案内してくれます。
官寺じゃなくて豪族の氏寺だということです。具体的になにウジなのかが書かれたものはネット上でも見当たらなかったのですが、すぐそこに太秦という地名があるので秦氏なのかもしれません。

051214thachikburi2少し先の小さな公園にもうひとりの鉢かぶりさんが立っています。
高宮廃寺のある高台から落ちて行く斜面は古い集落の遺跡になっているようです。
河内湖の入り江の集落とその上にそびえる豪族の居館や寺院向こう岸には四天王寺の塔が見えます、って今日想像しがたい情景だったもよう。
(第2京阪の工事で発掘がすすんだようです。)

|

« 袖垣とか | トップページ | シラカシの生垣とか »

コメント

よーさん、こんにちは。
高宮廃寺、全然知らなかったので調べてみました。
高宮氏という豪族があったみたいですね。渡来系なので秦氏ともゆかりが深かったでしょう。
さすが、よーさん。
http://64.233.167.104/search?q=cache:pztYQR3sLQ8J:murata35.cool.ne.jp/shuhenkaido/kawatikaido/+%E9%AB%98%E5%AE%AE%E6%B0%8F%E3%80%80%E6%B8%A1%E6%9D%A5&hl=ja

投稿: つぶら | 2005年12月17日 (土曜日) 11時58分

高宮氏はつぶらくんのひいおじいさんが新羅から連れてきたとゆーことになってるようですね^^)
じつは古代の氏族ってどーゆーものかよく分かりません。
カモ族とかカツラギウジっていったいなんなんでしょう、と御所あたりの神社の名前をみてると思います。
高宮廃寺って同じ名前で御所市にもあるみたいですね。そういえば一言さんのナンテンのおふだの更新時期もちかづきました、、。

さすがってことじゃなくて通りすがりの立て札は読むことにしているだけです^^;

投稿: よ | 2005年12月17日 (土曜日) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84950/7645976

この記事へのトラックバック一覧です: 高宮廃寺:

« 袖垣とか | トップページ | シラカシの生垣とか »