« 旅の造園工ふたたび1 | トップページ | 旅の造園工ふたたび2 »

敦賀半島とか

5月28日の日曜日は意外な休日。
土曜日の夕方、いったん帰るボスが「先週の日曜日も出たからあすは休んでもよい」と、、。

060528jouguutakiとゆーことで、朝からとりあえず敦賀半島の東海岸を北上。
宿(兼施主さま)のある集落の少し北の常宮(じょうぐう)とゆー集落の常宮神社はかなり立派なもので、海に面した舞台状の拝殿がなかなか。
建物もなかなかではあるけどモリも立派。

モリの中の沢がちょっとした滝を落ちて、そのすぐ先は海。

060528jouguusida林内の特に太い木はツブラジイが多いと思ったけど、じっさいそんなにツブラジイ(コジイ)を数見たことがあるわけではないので確信はなし。関西では、似た状況で生えている広葉の常緑樹はクスノキかアラカシがほとんどで、シイノキはあまりないと思う。
幹にはコケとシダがびっしり。
シダであってランでないことは胞子嚢が見えているので、わたくしでも何とか判別可能^^;

060528urasokoさらにどんどん北へ。
浦底とゆー集落あたりの入り江の砂浜は、あまり見たことないような赤い浜だった。

左を見ると入り江の奥には原子力発電所が見えます。

関西電力の発電所PR施設に着くと開店1時間前くらいだったので、ドアあたりをぶらぶら覗き込んでいると、中からおじさんが出てきて、どうぞお入りくださいと招じ入れられてしまったので、30分ほど見てさらに北へ。
道路のどん詰まりの立石とゆー集落から意外と険しい坂を登って、立石灯台へ。
日本人が最初に建てた洋式灯台らしー。みなと敦賀のシンボルでもあるらしい。

いちど南へ縄間(のうま)とゆーところまで戻って西海岸(美浜町)へ出てまた北上。

060528suishouhama1水晶浜はとてもきれいなビーチです。
浜の北端の奇岩と松。

060528suishouhama2右をみるとやっぱり原発が見えます。

060528erebeta午後は敦賀にもどって山車会館(やまかいかん)と市立博物館。
博物館の建物は、もと大和田銀行の円柱意匠のビル。館内での写真はご遠慮ください、だったのですが、「北陸で一番古いエレベーター」は、「記念写真をどうぞ」と張り紙がありました。
隣接するさらに古い大和田銀行本店の建物内部は、山車会館の別館となっていてそちらから中に入ることができます(畳敷きの部屋もある)。

|

« 旅の造園工ふたたび1 | トップページ | 旅の造園工ふたたび2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84950/10297720

この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀半島とか:

« 旅の造園工ふたたび1 | トップページ | 旅の造園工ふたたび2 »