« フルルな行楽1年後 | トップページ | ギョイコウ咲く植花夢 »

とても微妙なおさまり

060417shonichiたまには仕事の話を。
連休前の2週間ばかしは、堺市で外構工事(継続中)。

初日、きょうからここね、と連れてこられた時は、建具屋さんと大工さんがまだ仕事してるし、門塀にからむとこに仮設の配管と養生の鉄板が残ってるし、で、石張りの既存の塀の壊すとこだけ解体。
仮設の配管までぶっこわさないように気をつけながらちょっとイライラする。

2日くらいして、そのへんが取り払われたということで続きです。

060417cadCAD図面でいうと、こういうことになる予定で、ただしアプローチはスロープにして玄関ポーチまで段差なし、に変更あり。
ポスト、インタホン、門灯、表札はすべて右の門袖の40センチに押し込む。さらにこの門袖でガスメーター隠す。という考え方。

060422kiso現状のガスメーターの左端をかろうじて隠すところに右の門袖を設定せざるをえない。
そうするとオーバードアの開口幅は必要最低寸法よりも数センチ広くなるていどで、まあそれはいいとして、スロープになるためアプローチの勾配がかなりキツくなるので、できれば片開きの門扉は高めにつけたいけど(内側にひらく時へたをすると下がこする)、高くすると左の既存のマキの木の斜めに傾いてる幹にあたりそう、、。

かなり悩ましいけど、扉が回転する部分までのアプローチの高さをおさえて、そこからキツく登るか、高さ1.2メートルのトビラを1メートルに変更してもらうかう選択してもらうとゆーことでなんとかなるやろ、と門ペイの位置と高さを決めて基礎の配筋。
もともとは門扉は柱付けの予定だったけど、左端までガスメーターがあるので、ブロックに直付けにすることになって、インタホンの配線を普通のコースにすると、扉を吊る金具が入らない、ということでさらに密度の濃い40センチ幅になってしまうのでした。

060422araibatodennkiすでに打たれているコンクリの犬バシリから門灯とインタホンの線は出ているけど、電動オーバードアの電源が追い出していないから、仕方ないので、壁のデイライトスイッチに来ているのがスイッチなしのAC100ボルトだと電気屋に確認して、仮設の水道を洗い場付きコン柱に直す前に、引っ張り出して防雨コンセントを新設。

060426obadoaぼちぼち門塀が半分積み上がったところで、納品されたオーバードアの柱を立ててみる。
ぎりぎりセーフで予定の位置。

060427burokkuブロック内の配線はいざとゆーときに引き抜けるようガスメータの足元のボックスから2つに分かれてあがっているけど、ここからポストの反対側と真上にもってくるのがなかなか問題。

060428posutonoueえいや、っとまたいでおります。

060428burokku最後の1枚はほとんど型枠ブロックみたいな感じ。

吊った門扉はなんとかマキの木にあたらずに回っております。
実は跳ね上がったオーバドアとマキのナゲシの枝も微妙なのでしたがセーフ。
その後、既存のネットフェンスの取り替えや車庫土間コンクリ打設などと進行して、連休前(世間的には連休中の憲法記念日)、

060503tairuタイル屋さんが来てくれて、ポーチが広がりました。
階段だった跡が小口に残っていることにかんしては、事情あってノーコメント。

060503apurochi中途半端で連休に入るわけにいかないので、出来る範囲(ワイヤメッシュを敷いたとこ)まで、手練りでアプローチの下地コンクリートを打ってお休みです。
結局ガレージ土間と門扉の回転が絡むあたりまでゆっくりの勾配でもってきて、水糸をはってる線で大体水平にして、そこから一気にポーチに登る、とゆー解になりました。

|

« フルルな行楽1年後 | トップページ | ギョイコウ咲く植花夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84950/9921059

この記事へのトラックバック一覧です: とても微妙なおさまり:

« フルルな行楽1年後 | トップページ | ギョイコウ咲く植花夢 »